Blog マインド編

自信をつける方法

投稿日:

こんにちは!wackです(^^)

 

今日のテーマは

 

自信をつける方法

 

です。

 

皆さんは自分に自信がありますか?

日本人のほとんどが自己肯定感が低く

自分に自信がないという人が

多い印象です。

 

では自信がないと思っている方に

お聞きします。

自分に自信が持てたらいいなと

思ったことはありませんか?

 

この質問をするとほとんどの人が

「自信をつけたい!」

とお答えすると思います。

 

前回の記事では原因自分論の考え方を

提唱してきましたが、

自分に自信がないせいで原因自分論

考えができていても

行動に移せないという

矛盾に陥ってしまう場合があります。

 

これって非常にもったいない!

 

思っていても行動に移せないと

残念ながら何も変化は起きません。

 

なので今度は自信をつける方法、

これを教えていきます。

 

とその前に

 

自信ってなんですか!?

 

自信ってよく使う言葉のくせに

その意味をちゃんと理解している人って

あまりいないんです。

読んで字の如く

「自分を信じる事」

そう答える人は多いのですが、

じゃあ自分を信じることって何?

と禅問答のように問うた場合

答えられますか?

 

難しいですよね(笑)

 

答えを言いますと

 

思い込み/勘違い

 

です。

 

自信なんて思い込みの勘違いでいいんです。

自分基準で決めちゃっていいんです。

誰かと比較するんじゃなくて

自分基準でいいんです。

 

私はベースの腕には自信があります。

めちゃ上手いしめちゃカッコいいと

勘違いをしております。

もちろんレッチリのフリーと比べたら

鼻くそ以下です。

 

でも関係ありません。

そう思ってるんだからいいんです。

誰にも迷惑かけていないからいいんです!

 

自信なんてそんな感じでOK!

はい、終わり!

 

って訳にもいかないので具体的に

自信をつけていく方法を

教えていきますね。

 

自信をつける方法、それはずばり

 

小さな成功体験を

積み重ねる

 

これです。

 

よく自己啓発の本などを読むと

同じようなことが書かれています。

それだけ王道の手法ということですね。

 

もちろん大きな目標も大事です。

でもまずは目の前の小さな成功体験に

目を向けてみましょう。

 

とはいえ

小さな成功体験って何?

って感じになりますよね。

 

なのでまずはこの辺を解説していきますね。

 

成功って聞くと何か大きなことを

成し遂げた感じがしますね。

 

でもそもそも

成功ってなんですか?

 

実は成功なんて言葉はかなり曖昧で

言葉が一人歩きしているのが現状です。

 

ぶっちゃけますと

成功の定義なんて

なんでもいいのです!!

 

なんでもいいなら成功体験は

簡単に積み重ねられますね(^^)

 

朝起きられたことも小さな成功体験、

歯を磨けたことも小さな成功体験、

仕事に行けたのも小さな成功体験、

実は我々は日々小さな成功体験を

繰り返し積み重ねて生きているのです。

 

「そんなん当たり前じゃん!」

 

そう思う気持ちも分かりますよ(^^)

でも世界中の人々がそんな当たり前を

できているでしょうか?

 

この日本でさえできていない人は

一定数いますよ?

 

朝起きれない人、

寝坊して歯を磨かなかった人w

仕事を休んでしまった人、

 

当たり前のようにできていることでさえ

少し視点を変えれば立派な

成功体験になってしまうのです。

 

ちょっと詭弁臭い?

では楽器演奏に例えて

説明していきましょう。

 

 

そもそも楽器を買うという事でさえ

大きな一歩を踏み出した感触は

ありませんでしたか?

 

憧れのミュージシャンを想い描き

自分もこんな風になれたらと

妄想を膨らましながら楽器屋に

足を運んで購入した訳ですよね?

 

これって成功体験だと思いませんか?

 

これは私の実感値ですが、

日々たくさんの方とお会いする中で

楽器演奏に憧れは抱きながらも

楽器を買ったことも授業以外で

演奏したこともない人というのは

結構多いものです。

 

人生チャレンジだー!

と言っている経営者の人でも

そういう人は多いです(笑)

楽器はやらんのかーいって感じですね。

 

つまり我々ミュージシャは

ミュージシャンである事自体が

偉大な成功体験になっているのです。

 

そして楽器演奏は小さな成功体験の

積み重ねでしか上達しません。

ギターだったらネックの握り方を覚える、

弦の押さえ方を覚える、

ピックの持ち方を覚える、

コードを一つ一つ覚える、

指板の音を覚える、

スラスラとコードチェンジが

できるようになる、

リフが弾けるようになる、

ソロが弾けるようになる・・・

 

最初はできなかったことでも

こんな感じで一つ一つの

小さな成功体験を積み重ねて

楽器演奏を習得していきますよね。

 

我々の日常生活もこのように

小さな成功体験で作られています。

 

 

そう考えると楽器が演奏できるって

とてつもなくすごい事なんですよ。

楽器を買ってもすぐに挫折して

しまう人なんて世の中には

五万といるわけで、

それでも練習を続けて演奏ができるって

人並み以上の努力ができる才能に

溢れている証拠だと私は思います。

 

なのでミュージシャンに関しては

自信がない人が多いのが

不思議なくらいです。

もっともっと勘違いしちゃってください。

誰にも迷惑はかけませんから(笑)

 

そんな才能あふれている

ミュージシャンの方々には

まず日常で小さな成功体験に気づいて

欲しいと思います。

 

プラスαで音楽以外のことで

小さな目標を作り、それにむけて

成功体験を積み重ねていって貰えれば

自信というものはついてくるものです。

 

例えば電車の中で読書をして勉強をする、

ネットを使って情報収集をする、

何でもいいので自分にとってプラスになる

何かに手をつけてみるといいと思います。

 

一つ気をつけてもらいたいのが

目標を高く設定しないことです。

 

大きな目標を持つのはいいことなのですが、

目の前の目標まで手が届かないものに

設定してしまうと挫折してしまい、

失敗体験が増えてしまうので逆効果です。

読書を始めてみるのはいいことでも

いきなり専門書などの上級者向けには

手を出さないこと。挫折しちゃいます。

 

まずは一冊を読破すると決めて、

一日5分でもいいから本を開く、

これくらいのペースでも十分です。

本を開いたことも成功体験ですし、

ましてや5分も読めたことはさらなる

成功体験となるのです。

 

必ず出来たことに対して

自分を褒めてあげてくださいね。

 

これが習慣づくと目の前の

できそうなことにどんどん

チャレンジする意欲が湧いてきます。

ちょっと前までは無理だと

思っていた事も、

気がついたら案外目の前まで来ていた

なんて事が日常になってきますよ。

 

 

しかしこのやり方はある程度

自己肯定感が高い人向けの練習です。

 

中にはどうしても自分を肯定できず

自信をつけたくても

つけられない人もいます。

これは育った家庭環境や学校での

いじめ経験とかによって

自己否定概念が染み付いて

しまっている場合がほとんどです。

 

もしくはたっぷり愛されて育っていても

ブラック企業などに入ってしまい

毎日罵声わを浴びせられてしまっていたら

それが記憶に上乗せされて自信を

失ってしまう場合もあります。

 

こういった人たちの対処法ですが、

これはもう、

今いる環境を

変えるしかありません。

 

前回の記事でも環境を変える事の

大切さは述べました。

自分に自信をつけたい場合でも

環境というのはものすごく大事な

要素となります。

 

これは至ってシンプルな話で、

承認されたり褒められたりする事で

自信ってついていきますよね。

 

意中のあの娘から

「〇〇さんのギターが大好きです♡これからも応援してます♡」

なんて言われたら自信だけじゃなく

いろんなものが漲ってきますよね(笑)

 

人間なんて単純なものなので

褒められたら嬉しくなるし、

褒められたものに関しては

自信もついてきます。

 

何が言いたいかというと

否定的な人の多い環境ではなく

肯定的な人の多い環境に

身を置きましょうという事です。

 

はい、前回の内容と全く同じです(笑)

 

いやね、もう本当に環境って大事。

大袈裟ではなく環境変えただけで

人生変わっちゃう人なんて沢山いますよ。

 

いやいや、そんな肯定的な人間が

集まるなんてありえないよ

 

そう思っていたら否定的な環境にしか

身を置けないと思ってください。

少なくとも私の周りに否定的な人は

1人もいません。

この辺のカラクリに関しては

そのうち記事にまとめていきます。

 

とにかく肯定的環境を探しましょう。

そして否定的環境にいる人は

すぐさま脱出しましょう!

 

よく逃げることを

良く言わない人がいますが、

逃げる力って生物的には

ものすごく優れた力です。

滅ぶ生物は変化に適応できないか

逃げるのが下手で滅んでいます。

人間も全く同じです。

やばいと思ったら逃げるが勝ちです(笑)

 

 

 

そして最後の方法、

これも前回と全く同じで

 

言葉を変える

 

ことです。

 

もうね、環境と言葉って

本当に大事なんです。

 

以前の記事で脳は主語認識できないと

お話ししました。

他にも特徴として

現実とイメージの区別ができない臓器です。

 

男性しかわからない例えで恐縮ですが

エロいこと考えたらオッキしますよね?

実際にその現場を体験していないのに

イメージだけで

身体が反応しているわけです。

脳はイメージだとわからずに子孫繁栄の

準備を始めてしまうわけです。

 

男が単純でアホなんじゃなくて

脳がそういう作りなので

女性の方はその辺はキチンと

理解してあげてくださいね(笑)

 

で、話を戻しますと、

脳は意外と単純なので

前向きな言葉を日常で発していれば

勝手に勘違いしてくれます。

「絶好調!」と言っていれば

勝手に自分は絶好調なんだと

勘違いしてくださります。

 

絶好調の状態って結構自信に

溢れていませんかね?

こんな感じでプラスの言葉を

発し続けていることで

脳が勝手に錯覚を起こして

本当にその状態を実現させてくれます。

 

逆にいうとマイナスばかり言っていたら

脳はそう認識するので

マイナス人間が作られていきます。

 

言葉は諸刃の剣です。

使い方を間違えさえしなければ

強力な武器ではありますが、

間違えるととんでもないしっぺ返しが

目に見えない形でやってくるから

恐ろしいですね。

 

 

さて、今日も長くなりましたが

まとめに入ります。

 

自信をつける方法

①自信=思い込み/勘違い

②小さな成功体験を積み重ねる

③成功のハードルを下げる

④些細な成功でも自分を褒める

⑤肯定的環境を見つける

⑥否定的な環境から脱出する

⑦言葉を変える

 

いかがでしたでしょうか?

自信をつけられる自信は

湧いてきましたでしょうか?

 

もっと深く聞いてみたい!

セミナーがあれば聞いてみたいなど

ご意見があればお問い合わせフォームか

公式LINEのほうでご対応致しますので

是非お気軽にご連絡ください。

https://lin.ee/ra8QFuw

 

それではまた!

-Blog, マインド編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コミュ力=傾聴力

こんにちは!わっさんです(^^)   コミュニケーションの本は沢山あるのに なぜこうも世の中コミュ症だらけなのか。     不思議ですよね〜。     …

アポイントは〇〇が命!!

こんにちは!わっさんです(^^)   前回はアポイントの準備段階の お話でしたが、 今日からはいよいよアポイント現場の 具体的なやり方を説明していきます。   まだ営業をやったこと …

お金の力〜増やす力〜

こんにちは!wackです(^^)   今日はお金の力   ③増やす力     について話していきます。   「稼ぐ力と何が違うのか?」   …

量子力学〜スピリチュアルを科学する⁉︎〜③

こんにちは!wackです(^^)   今日お量子力学のお話です!   前回は波動の法則のお話の途中で 終わってしまったので 今日はその続きからになります。   ここで改め …

理解力/共感力/想像力〜傾聴力6要素〜

こんにちは!わっさんです(^^)   前回は傾聴力の1要素 ①承認力 のお話だけで終わってしまいましたね。   まず簡単におさらいです。 まずは聴き方には3種類ありましたね。 ①目 …