Blog コミュニケーション編

反応力〜傾聴力6要素〜

投稿日:

こんにちは!わっさんです(^^)

 

今日は傾聴力6要素の続きです。

簡単におさらいしましょう。

 

傾聴力6要素

①承認力

②理解力

③共感力

④想像力

⑤反応力

⑥質問力

 

今日は

⑤反応力

 

これについてお話しして行きます。

 

これもメチャクチャ大事です!

 

この反応力が弱いと

他の5つの力が半減します。

 

ある意味では傾聴力の

となる力と言っても過言ではありません。

 

察しの言い方なら

以前の記事でまとめたとある法則が

関係しているとお分かりでしょう。

 

 

そう、

メラビアンの法則

です。

 

反応力はモロにこの

メラビアンの法則の影響を受けています。

 

ここでメラビアンの法則を

簡単におさらいしましょう。

 

メラビアンの法則は

言語情報(話の内容)そのものには

あまり影響力はなく、

視覚情報と聴覚情報で人は

情報の大部分を判断しています。

 

視覚情報55%

聴覚情報38%

言語情報7%

 

このメラビアンの法則は話し手だけが

気をつけるべきというものではありません。

 

むしろ聴き手側がの方が

このメラビアンの法則は意識するべきなのです。

 

よく話を聴いてるのに

「ちゃんと聴いてるの?」

って言われたことありませんか?

 

特に男性!

 

それはちゃんと聴いていても

相手からしたら聴いてくれているように

見えないのが原因なのです。

 

 

なぜなら相手は

視覚情報と聴覚情報で

話を聴いて入れているかどうかを

判断しているからです。

 

と、いうことは

反応力とは

視覚情報と聴覚情報に訴えかけるほど

その効果が増すということです。

 

簡単に言うとリアクションは

ちょっと大げさにやるべきなのです。

 

むしろ大げさにやるくらいが

ちょうどいいのです。

 

 

大げさにやるっていきなり言われても

なんか気恥ずかしい感じが

するかもしれませんね。

 

「そういうのがうまくできないから

コミュニケーション苦手なんだよ…」

って思うかもしれません。

 

安心してください。

 

逆に言うとここを乗り越えたら

他のスキルは不要なくらい

コミュニケーションがスムーズになります。

 

冒頭にこの反応力が弱いと

他の要素が半減すると書きましたが、

逆に言うとこの反応力を鍛えるだけで

傾聴力の半分はクリアできちゃいます。

 

それだけ重要なのです!

 

なのでこの反応力だけは

まじで頑張って鍛えましょう。

 

 

とはいえ何から始めれば良いのか、

と言うところですね。

 

芸人じゃあるまいし

リアクションを鍛えろと言われても

戸惑うのは当然ですね。

 

 

なのでまず最初は

これだけ注意していれば大丈夫!

と言うものを教えていきます。

 

 

一つ目。

 

うなずき

 

これだけしっかりやってください!

 

これだけしっかりやってください!

 

 

 

こんな簡単なことすら

みんなできてない!!

 

こんな簡単なことすら

みんなできてない!!

 

 

「いやうなずきちゃんとしてますよ!」

 

 

って人ほどできてなかったりします。

 

 

うなずきはですね、

「うんうん」

って言ってるだけじゃあダメです。

 

首もちゃんと縦に動かしましょう。

 

「いやいや首もちゃんと縦に動かしてますよ」

 

って人も自分がどれだけ

首が動いているか

鏡でチェックしてみてください。

 

意外と動いてないですよ!

マジで。

 

 

小刻みに縦に首を振っているだけでは

相手にそんなに伝わりません。

 

 

ちょっと大げさにやるくらいで

ようやく伝わります。

 

てかロックバンドマンなら

この辺は絶対にわかるはず!

 

ステージパフォーマンスって

ちょっと大げさにやってるつもりでも

映像で確認したら

意外と動きが小ぶりだったりしませんか?

 

コミュニケーションでも

全く同じ現象が起きています。

 

大げさにやって初めて

相手にちゃんと伝わっているものなのです。

 

なのでうなずきすら

伝わっていなかったら

傾聴力もクソもないのです。

 

なのでここは第一の関門ですね。

 

そしてうなずきながらも

承認・理解・共感

この3つの力も忘れずに使うのです。

 

「うんうん、へぇ〜なるほど〜いいですね〜」

 

返事に関してはこんなもんで大丈夫です◯

 

大事なのはうなずきの深さ!

 

逆に言うとそれだけでいいんだから

コミュニケーションって楽じゃないですか?

 

 

そう、楽なんです。

 

なので早速第2ステップのうなずきを

伝授いたしましょう。

 

 

それは相手の話の内容によって

うなずきの種類を変えることです。

 

難しそう!と思うかもしれませんが

そんなに難しくはありません。

 

普通は割と刻むように

「うんうん」

とうなずくと思います。

 

これはOK!

 

ポイントは相手が事実やただの出来事の

話をしている時は「うんうん」

うなずきをしましょう。

 

一方で相手の感情がこもっている時、

感情が伝わってきて承認共感すべき時は

深くゆっくりうなずいてみてください。

 

相手に傾聴感がより伝わるはずです。

 

例えば

「私は音楽をやっていまして

バンドでベースを弾いているんです」

 

と相手が話していたら

「うんうん」

と小刻みにうなずきます。

 

相手は

「音楽をやっていて

バンドでベースを弾いている」

 

と言う事実を述べているだけですね。

 

なのでこちらも

「うんうん」

でいいのです。

 

もちろん首の振り幅は大きく!

 

では会話の続きで

「死ぬほど努力を続けてきて

プロを目前に見えてきたのが

絶望だったのです。

なので同じ道を辿るミュージシャンを

救うために今はミュージシャンの教育を

しているのです。

多くのミュージシャンを救い

稼がせたいんです」

 

たっぷり相手の想い、感情が

こもった話ですよね。

なのでこんな時は

深くゆっくり大きく首を縦に動かして

 

「ん〜ん〜ん〜〜〜!」

 

とうなずいてください。

(文字だけの表現だと伝えるの難しい!)

 

これができるだけで相手は

気持ち良くなってくれます。

 

 

 

そしてうなずきに加えてもう一つ、

大事なポイントをお伝えします。

 

 

表情

 

 

これで反応力はバッチリです!

 

ただ表情は練習しないと

意外とできません。

 

 

特に

 

笑顔!!

 

 

人類最大の武器は

 

笑顔です!

 

音楽と並ぶ世界共通言語でもあります。

 

でも意外とみんな

笑顔できてないんです。

 

 

もちろん楽しいことや面白いことがあれば

自然と笑うことができます。

 

というよりこれは反応なので

当たり前の能力です。

 

そうではなくて

傾聴力の笑顔とは

面白くなくても

自然の笑顔ができることです。

 

そう言われて皆さんは

自然な笑顔ができますか?

 

 

そもそも自然な笑顔ってなんやねん!

 

って話ですが、

笑顔を作ってみて自分で違和感や

顔の筋肉の疲れを感じなければ

それが自然の笑顔です。

 

笑顔を5分キープして疲れないのが

自然の笑顔です。

 

 

これができなければ

ひたすらに練習あるのみです!

 

 

わっさんもやりましたよ、

笑顔の練習。

 

 

練習と言っても難しいことは

何一つやりません。

 

わっさんの場合は

シャワーを浴びている間、

ずっと笑顔でい続けるという

特訓をしていました。

 

これなら誰にも見られないし

笑顔の練習にわざわざ貴重な時間を

費やす必要もないのです。

 

あとは歯磨きの時とか

うんちしている時とかにもできますね。

 

ポイントは顔全体の筋肉を

目一杯使って大げさな笑顔を

キープし続けることです。

こんな感じですね(完全オフショットw)

 

皆さんもやってみてください。

顔めちゃくちゃ疲れますよ。

 

でもこれに慣れちゃうだけで

笑顔が自然とできるようになります。

 

というか笑顔じゃないことに

違和感を覚えるので

常に潜在意識が笑顔を求めるようになります。

 

傾聴力とは話が逸れてきますが

良いこと尽くしの練習なので

是非やってみてくださいね。

 

あとは笑顔ができちゃえば

他の表情も簡単にできます。

 

相手が辛い過去を打ち明けてきたら

こちらも辛い表情をしてあげたり、

とても為になる情報を話してくれたら

身体を前傾させ目を輝かせて聴く。

 

 

こんな感じで視覚情報をふんだんに

使いまくりながら傾聴するのです。

 

相手はもう楽しくなって

話まくります。

 

こっちは聴いてるだけ。

 

でもコミュニケーションは

かなりスムーズにバッチリ取れているのです。

 

 

どうでしょうか?

傾聴力を5つ話してきましたが

テクニック的な要素は

そこまで多くないと思います。

(想像力はテクニック必要ですが)

 

もちろんテクニックもあった方がいいのですが、

これはコミュニケーションを続けていく中で

自然と身につけていけばいいだけの話です。

 

 

そう聞くとコミュニケーションって

実はそんなに難しくないって思いませんか?

 

巷に流れている情報は

やたらテクニック趣向に走っているので

それだけで敷居が上がりコミュニケーションの

コンプレックスがマシマシになるという

悪循環が生まれます。

 

 

なので皆さんはできるところから、

簡単に身につく笑顔の練習や

うなずきからやっていけば大丈夫ですよ!

 

 

 

長くなってしまったので

今日のまとめです。

 

・反応力はうなずきと表情

・どちらも大げさにやるくらいで初めて伝わる

・うなずきは相手の話の内容で

 細かく頷くか深く頷くかを使い分ける

・笑顔の練習をする

・自然な笑顔ができれば他の自然な表情も

 簡単にできるようになる

 

 

 

次回の質問力は

結構テクニカルな内容になります。

 

営業にもつながる力なので

ぜひぜひ身につけていただきたいですね。

 

各種なんでも相談はこちらから

https://lin.ee/ra8QFuw

 

 

それではまた!

-Blog, コミュニケーション編
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ベーシストwackのルーツ

もっとミュージシャンらしい投稿もしていこうと思ったのです。 突然。   理由としては   【元】ミュージシャンのwackさん   と紹介されることが増えてきたからです… …

お金の力〜使う力〜

こんにちは!わっさんです(^^)   今日はお金の力最終章   使う力   についてお話ししていきます。   お金を使うのにも使い方があるんです。   …

営業は自己紹介がすべて!

こんにちは!わっさんです(^^)   前回は自己紹介の大切さについて お話ししてきました。   そして自己紹介には決まった 「型」があってその型に沿った流れで 自己紹介をすることが …

人生を一瞬で好転させるたった一つの方法②

こんにちは!wackです。   前回の記事では 原因自分論と原因他人論のお話しをしました。 https://kasegerumusician.com/2020/01/04/%e4%ba%ba …

お金と感情〜お金を貯める〜

こんにちは!wackです(^^)   今日は前回の続きで、   お金と感情   についてお話ししていきます。     とてつもなく大事なお話しです。 …